· 

Neu Trial#3終演

3回目のNeu Trialが終演した。

私はとある新作とローバのサンバを演奏。

 

サンバはロバの割と新しいサクソフォンエチュードで、スラップ、クリティカルリズム、重音の練習曲として扱われる。

身体的な意味で難しい曲なのだが、しかし音楽が持っているリズムの面白さは十分に表現されており、現代音楽としてはかなり面白い部類に入るのでは無いだろうか。

 

去年は考えてみればロバにもバッハにもなんとなく「演奏し慣れていない感」を自覚して、それらをたくさんさらおうと決めたわけだが、その方針あるおかげか少しずつは両極端なレパートリーが並んでも怯まず演奏するようにはなってきた気がする。

とはいえどちらも求められることは違うし、何よりもそれを研いでいくことが本当に難しいわけなのだが、どうにか心折らずに毎日の鍛錬を続けていきたいものだ。

 

前の記事ーコンクールのこと

次の記事ーマウスピース選