曲 好きを持ってさらってる?

今日は午前中から頭を回し、午後は録音、夜はTSOメンバーによるコンサートへ。

色々やることがあったが、家に帰ってから練習もでき、概ね良い1日となったと思う。

 

その曲のことがどれくらい好きなのか、というのは、本当に大切なことと感じた。

今私が練習している曲は、受験時代にも深く勉強した曲で、それゆえの毒のようなものをいつも感じながら演奏している。必死に無理やり吹いたからクセがついてしまったとか、美的な感覚が歪んだとか、そういうところだ。

音楽受験の弊害とも言えるかもしれない。

私としては、それを解決できる要素は、・そもそも受験の時に病むほどさらわないようにする(そして選ぶ道そのものを間違えないように指導してもらう)ということと、

・ちゃんと自分自身が、曲に罪がないことを自覚し、そして愛を持って曲をさらい直すというところだと思う。

自分なりに信じてさらい続けたいものである。