2月

自分の時間、自分の都合や意識というものを考え始めた1ヶ月だったと思う。自らの気持ちや考えというところを常に自分で問いつづけ、どのように生きたいのか、どのようになりたいのか考えながら過ごしていた。

ここ数日、自分自身は「タスクを縦積み」していることに気づいた。
つまり、上に乗っかっているものからしか手をつけられない、という性格がある、ということだ。
純粋に効率が悪いと思ったのだ。これはこれ、それはそれでタスクを横置きしながら、その時間にしか出来ないことを上手くこなしていける器用さが、自分を大切にする上での重要なテクニックになるのではないかと思った。

まあ、そうは言っても、実際に何かをこなしていくプロセスで、横に何かを置いたままにしているという状態にストレスを感じたりもするかもしれない。
そのちょっとしたストレスを、次のタスクを動かすためのモチベーションのように変換していけばより上手く生きられるだろう、まあ難しいだろうけど。